知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

【冬の函館】2泊3日。「五稜郭」は初日がおすすめ。見どころもご紹介

プロモーションを含みます

函館の「五稜郭」は、ぜひ行ってみたい観光地ですよね。

見どころや、観光ポイントをご紹介します。

2泊3日で家族旅行にいってきました。飛行機利用、車なし旅行です。
年末年始(12/31~1/2)。

スポンサーリンク

2泊3日の家族旅行:初日

羽田~函館空港:1時間
空港~函館駅:バスで30分

駅に到着したら、すぐ近くの「函館朝市」へ行って海鮮丼をいただきました。

そのあと、さっそくタクシーで「五稜郭」へ向かいます。

コンパクトな街、箱館では、タクシー移動がおすすめです。家族旅行なら《おトクかつ時短》。
観光名所だけでなく、流しのタクシーも多いので安心です。

10~15分ほどで到着。

待ち時間は公式サイトでチェックです。

スポンサーリンク

五稜郭タワー

五稜郭の観光ポイントはふたつ。

公園:特別史跡五稜郭跡」&「五稜郭タワー

まず「五稜郭タワー」に登り、全景をチェックしてからの、「公園:五稜郭跡」散策がおすすめ。
施設の詳細はのちほど。

観光スタート

タワーチケットカウンター

展望料金
大人900円。中・高生680円。小学生450円。

エレベーターホール

ガラスの床には、当時の地形模型。「陸けい島」。これ、見落としてしまいました…。

エレベーター

内側の壁には、おどろきの仕掛けがありますよ。なにかが浮かびあがってきます。

タワー:展望2階

展望2階に到着です。
みどころたくさん。ぐるっとまわってみましょう。

展望台展示スペース

迫力満点です。

タワーから見た特別史跡「五稜郭」

やはり、グーグルマップで見るのとは違います。

五稜郭復元模型(1/250)

竣工当時の五稜郭のすがた。おお、城っぽい。

五稜郭復元模型

土方歳三之像

この2枚の写真から、ブロンズ像が造られたそうです。
有名な写真です。

五稜郭タワー内、土方歳三ブロンズ像説明

16景の情景模型「メモリアルポール」& グラフィック展示

歴史と人間のドラマ。小さな人形で、わかりやすく学ぶことができます。

五稜郭ガイド(パソコン情報検索)& さわれる模型

ひとまわりしたら、階段で下のフロアへ。

タワー:展望1階

このフロアではもう一度、五稜郭の星型の眺望を楽しめます。売店あり。

シースルーフロア

子どもって、なぜここで飛び跳ねるんでしょうか。

五稜郭タワー展望台。シースルーフロア

展望売店

新撰組サイダーもありました。

カフェスタンドは令和4年11月に閉店

さて、展望フロアを満喫したら、エレベーターでタワーをくだります。

タワー:2階(レストランフロア)

レストラン

レストラン五島軒:函館カレーEXPRESS(エクスプレス)
四季海鮮:「旬花」
MILKISSIMO:ミルキッシモ

タワー:1階(アトリウム)

階段で1階へ。
チケットカウンターのあるフロアにもどってきました。

五稜郭タワーアトリウム

ひろいエントランスホールです。

ゆったりとした明るいアトリウムになっていて、ここでしばし休憩。

土方歳三 & 榎本武揚 & 武田 斐三郎

立像も。

土方歳三立像

大砲やのぼりなど。写真スポットですね。売店もあります。

さてさて。

ここでをひと休みしたら、いよいよ五稜郭内部にいってみましょう。さむいかな。

公園:特別史跡五稜郭跡

公園になっているので、入るだけなら無料です。

箱館奉行所看板

公園のまん中に復元された「箱館奉行所」を見学するには、入館料が必要です。

箱館奉行所

復元された箱館奉行所

年末年始休館日のため、見学はできませんでした。
情報だけのせておきますね。

箱館奉行所:公式サイト
開館時間:
(4~10月 9:00-18:00)
(11~3月 9:00-17:00)
休館日:
12月31日ほか臨時休館日あり

とういわけで。

お堀にかかる橋をわたり、箱館奉行所までの往復を楽しみました。

凍っているお堀の氷

凍る五稜郭の堀

箱館戦争のあと。

ここでは天然氷(五稜郭氷)の切り出しがおこなわれ、一大産業にまでなったそうです。

ドローンが飛ぶ時代。

五稜郭の堀。ドローン禁止の看板

激動の歴史

忘れてはいけないと思いました。

この写真を撮ってから、わずか5日後。
大きなニュースが!?

酒に酔って、五稜郭の「堀」に転落

“10代男性”が酒に酔って「お堀」に転落
…厳しい寒さで結氷していて無事救助…

北海道・函館市の五稜郭公園

男性を救助する様子

氷が張っていて、ほんとうによかったです。

施設詳細・アクセス情報

五稜郭タワー:公式サイト
〒040-0001
北海道函館市五稜郭町43-9
TEL : 0138-51-4785

営業時間

4月21日~10月20日

8:30~19:00

10月21日~4月20日

9:00~18:00

年中無休

交通案内

バス(函館バス)

「五稜郭公園入口」下車、徒歩7分

駅(市電)

「五稜郭公園前」下車、徒歩 15分
市電はなし。遠すぎです。

タクシー

函館駅前から 約15分

自家用車用の駐車場なし

展望料金

  一般  
一般900円
中・高校生680円
小学生450円
  • 小学生未満のお子様は無料
  • 団体割引(30名以上)あり。

*JAF割なし。ポストカードがもらえます。

2023年1月現在

おわりに

五稜郭は、函館の中心街よりタクシーで15分。

市電もバスもけっこう歩きます。
しつこいようですが、タクシー利用がおすすめです。

2泊3日旅行の場合。

午前の便で到着した方は、まず五稜郭へ。

夜のイルミネーションも見たいけど、さむい冬、連日の夜景はきびしいです。

羽田発の方は、初日はホテルのチェックインまで時間があると思いますので、ゆっくり見学できます。

コインロッカーも完備。荷物が多い方も安心です。

新選組さいごの地。函館。

歴史を学ぶうえでも、自分の目でみたもの、感じたものはたからものですよね。

史実が、ぐっと自分ごとになるはず。

冬の函館はあたりまえですがさむいです。子どもの士気が高いうちに、はずせない五稜郭はおはやめに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
チェックインまで、まだ時間があります。さて、お次はどこいこう。

函館旅行は、効率よく

2泊3日で観光してきました。
お次の記事はこちら↓

少しでも参考になればうれしいです。
それでは。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村