知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

絵本『おなかのかわ』読み聞かせのコツ・ポイント&あらすじ【低学年におすすめ】

プロモーションを含みます

絵本『おなかのかわ』のご紹介です。
ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

おなかのかわ

  • 再話:瀬田貞二
  • 絵:村山知義
  • 出版社:福音館書店
スポンサーリンク

あらすじ

あるところに、ねことオウムがいました。

ふたりはお互いにごちそうによびあったのですが、けちんぼのねこは、ほんの少ししかごちそうを出しませんでした。

オウムは、すてきなごちそうをたくさん出したのに、ねこは「ごちそうはこれだけかい?」と言って、満足しません。それどころか、なんと!?

次から次へとびっくりの展開が続き、最後にねこは2ひきのカニを、ぺろり、ごくん。

カニたちが、ねこのおなかの中で見たものは?

そして。

「それじゃ うでを ふるおうか」と にひきの かにが いいました。

そして とがった はさみで おなかに じょき じょき ちいさな あなを あけました。

ばかなねこは、このあとどうなってしまうのでしょうか?

おなかのかわ (こどものとも絵本)
ネコはオウムの用意したごちそうだけでは足らず、オウムを丸飲みにします。それからおばあさん、ロバ、王様一行を次々に丸飲みにして、最後にカニを飲み込んだところ……。

読んできました

場所

図書館。「読み聞かせ勉強会」にて

選書理由

今月の「読み聞かせの勉強会」のテーマが「ねこ」だったから。

「ねこ」ってかわいいけれど、バケねこなど、いろいろな側面があり絵本によく登場します。選書のしがいがあるというものです。

今回、「おなかのかわ」を選んだのは、お話もさることながら、絵がほんとうにステキだから。

表紙の色はむらさき色。白いシャムねこがグリーンの帽子をかぶりすましてる。目が青くて、なんだか神秘的。

全体をとおして、絵は遠目がききます。ストーリーともぴったりとあっていて、これからどうなるんだろう?と、自然に引き込まれるような絵本です。

ねこは、あう人、あう動物を、ぺろり、ごくんと食べてしまいます。でも最後にごくんとやられたカニが、おなかのなかから、はさみでジョキジョキ。みんな外にでられてひと安心。

ばかなねこが『おなかのかわ』をじぶんで縫っているところでおはなしはおしまい。

その姿もとてもユニークです。

本日のふりかえり

読み聞かせベテラン仲間からの感想。

  • 「おもしろかった。9分と長い話だけど、長さは感じなかった。」
  • 「タイトルから、三味線になっちゃうのかと思った。」
  • 「こういう絵本はまちがいない。」

などなど。とても好評でした。

おまけ

帰宅後、自宅にこの絵本を置いておいたら、なんとわが家の中学1年生男子が、わたしに読み聞かせをしてくれました。

彼は、たんたんと読んでいただけなのですが、たしかに長くは感じない。絵とお話がぴったりあっていて、これからどうなるんだろう!?と、ひきこまれます。

こういうのを読み聞かせに向く本というんだなと、あらためて実感しました。

読み聞かせのコツ・ポイント

(音読時間目安:9分)

この絵本は、ゆっくり、はっきり、絵をよく見せてあげながら読めば、しっかりと伝わる絵本です。

読み聞かせ初心者さんにもおすすめです。わが家の中学生でも実証済み。

あまり長い絵本だと、低学年だと飽きてしまうこともありますが、この絵本は9分と長いけれどもだいじょうぶ。

意外なストーリーや、ちょっと残酷なシーンにひきつけられます。それに、絵本のテッパン、くりかえしの術をつかっているので飽きさせることはないです。

安心してお話を届けてください。

そして、絵本を読み終えたら、ウラ表紙だけでなく、さらにひろげてオモテとウラを見開きで見せてあげてくださいね。

読みはじめに見たときは気が付かなかったけれど、へいたいたちがそろってねこのお腹からとびだしているんです。ねこったら、すましてるいるからわからなかった。

こういう細かい発見をするのが、得意な子もいます。声に出しておしえてくれなくてもその子のなかではうれしいもの。ますますその絵本のファンになっちゃいますよね。

絵本作家さんたちは、表紙や、なにも書いていないあいだの紙一枚とっても、考えぬいて絵本をつくっています。わたしたち読み手は、そういう想いもしっかり届けたい。

この絵本を読み聞かせをする際の、参考になればうれしいです。

北欧の昔話の再話といえば、テッパン「三びきのやぎのがらがらどん」。こちらもどうぞ。

amazonレビューも参考になりますよ。購入もできます↓

おなかのかわ (こどものとも絵本)
ネコはオウムの用意したごちそうだけでは足らず、オウムを丸飲みにします。それからおばあさん、ロバ、王様一行を次々に丸飲みにして、最後にカニを飲み込んだところ……。

読み聞かせを成功させる大切なこと

  • 読み手が、その絵本を好きなこと。
  • 絵本が主役。しっかり読んで、伝えること。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村