知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

絵本『とらよりこわいほしがき』読み聞かせのコツ・ポイント&あらすじ【高学年・秋におすすめ】

プロモーションを含みます

絵本『とらよりこわいほしがき』のご紹介です。
小学校で、この絵本の読み聞かせをしてきました。

この記事では、次のことがわかります。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

\ブログ村1位 ありがとう/
著:小沢 清子, イラスト:大八, 太田
¥1,929 (2023/09/12 20:29時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

とらよりこわいほしがき

  • 文・小沢清子
  • 絵:太田大八
  • 出版社:太平出版社
スポンサーリンク

あらすじ

韓国、朝鮮の民話です。

ある暗い夜のこと。おなかをすかせたトラが、牛か豚を食べようとふもとの村へおりてきました。

ねしずまった村には、いっけんだけ明かりのついた家がありました。そしてその家からは、あかんぼうのなきごえが聞こえてきます。

「なんてうまそうな、なきごえだ。」

そうとは知らない、かあさん。「なきやまないと、とらに食べられちゃうよ。」とおこって言うのですが、あかんぼうはいっこうに、なきやみません。

でもその後、あかんぼうはぴたりとなきやむのです。

さて。どうしてでしょう。

「ふうん、ほしがきって よっぽどおそろしいやつにちがいない。」

とらよりこわいほしがき (絵本 かんこく・ちょうせんのみんわ)
とらよりこわいほしがき (絵本 かんこく・ちょうせんのみんわ)

読んできました

場所

小学校での「読み聞かせ」。高学年。

選書

10月にはいり、柿がスーパーに並びはじめたので、「さるとかに」や「ざぼんじいさんのかきのき」、写真絵本などを候補にあげました。

いつもお世話になっている図書館の児童室には「読み聞かせにおすすめの本コーナー」があります。低学年・中学年・高学年などと色わけがされていて、とても選びやすく助かっています。このコーナーから選べば間違いなし。

このコーナーにありました。はじめて読みましたが即決。これはおもしろい。

本日のふりかえり

「もう柿食べた?」からスタート。

あちこちから声があがったので、「じゃ干し柿は?」と聞いたら、「送ってもらったー!」などの声が。よしよし。そのまま読み聞かせをスタートさせました。

意外だったのが、読み始めてすぐの部分。

むかし、むかし、ずーっとむかし。かんこくや ちょうせんに まだ とらが たくさん いたころのこと。

の部分に反応している子が、多かったこと。

とらが身近にいたなんて、たしかに少し考えられないですものね。

その後は、話の内容に引き込まれていったようです。

著:小沢 清子, イラスト:大八, 太田
¥1,929 (2023/09/12 20:29時点 | Amazon調べ)

読み聞かせのコツ・ポイント

(音読時間目安:7分)

この絵本は、ストーリーも絵もおもしろく、なるほど読み聞かせにおすすめです。

それほど大きくないサイズの絵本ですが、絵は遠目がききます。

とらの表情がなんともユニーク。うぬぼれ屋のとらが、かん違いでほしがきにおそれおののいてしまうところなど、とても楽しいです。

7分というちょうど良い長さなので、安心して子どもたちとお話を楽しんでください。

ひとつ気になるのは、「子もりうた」の部分があるところ。しかもけっこう長いんですよね。

そこを読んであげる(歌ってあげる)のがネックで、敬遠されてしまう方も少なくないのでは?と思います。

でもそんなことでひるんでいたら、もったいない。

「子もりうた」の部分は、歌わなくても、ゆっくりささやくように読めばだいじょうぶです。

絵本の中に歌がある場合は、わたしはその歌のイメージに合わせて、少し抑揚をつけて読んでいるだけです。歌が終わり、話に戻る時には、現実にもどってきたようなイメージで。

もとより曲を知らないんですからどうどうと。なんとなく歌える方は歌ってしまえばいいと思います。

さて、とらよりこわいほしがき。

このあとは、とらはどうなるんでしょうか。うぬぼれてまわりが見えなくなっているとろくなことがない。

これまたいい味だしてる、どろぼうとのやりとりに目がはなせません。

とっぴん ぱらりの ぷう。

これでこのおはなしはおしまい。

絵本にはがあります。

よみ手は、心をこめてお話をお届けするのみ。大好きな絵本をだれかと共有できるってうれしいものです。読み聞かせを楽しんで下さいね。

読み聞かせでこころがけたいこと

  1. じぶんが好きな絵本をえらぼう
  2. 絵本の内容をしっかり伝えよう
絵本ナビで無料ためしよみ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
読み聞かせランキング