知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

絵本『いちご』のご紹介。あらすじ・読み聞かせのコツとおすすめ

プロモーションを含みます

絵本『いちご』のご紹介です。
平山和子さんの絵本。

いちごの赤い実がなるまでのようすが、とてもよくわかります。

いちごの季節にぜひ。

いちご狩りの前に読むと、体験がいっそう意義深いものになりますよ。

スポンサーリンク

いちご

【さく】ひらやまかずこ

【出版社】福音館書店

スポンサーリンク

あらすじ(絵本紹介)

雪の下で、じーっと春を待つ、いちご。

やがてあたたかくなると、小さな白い花がさき、あとには小さな青い実が。

この実が、少しずつ、少しずつ。

真っ赤に熟れたいちごは、とってもおいしそう。

いちごは甘くなるまでに、こんなにたくさんの時間をかけたんですね。

いちご (幼児絵本シリーズ)
畑で雪の下にうずもれながら寒い冬をこす、いちご。春あたたかくなると、つぼみをつけて小さな白い花をさかせました。花のあとには、青い小さな実がなりました。でも、この実はまだすっぱい。ほらほら、いちごの実が少しずつ赤くなってきましたよ。そして真っ...

読み聞かせのコツ・ポイント

音読時間

音読2分

対象年齢

2才~4才むき

読んでみた感想

クラシックな印象の絵本です。

デフォルメされたかわいらしい絵でないところが、この絵本のすてきなところ。

まるで図鑑をみているようだけど、図鑑よりあたたかい。

読みつがれている絵本

この絵本を見ていると、なんだかおちつきます。

おちつくと、絵が、内容がスッとこちらに入ってきます。

読みつがれている絵本は、やはりいいですね。

奇をてらわず、真っ赤に熟れたいちごからのメッセージを、ゆっくりどうぞ。

読み聞かせ

おひざにだっこで、たくさんよんであげてくださいね。
子どもはあっという間に大きくなってしまいます。

いちご狩り

絵本を読んだら、お近くの農園でいちご狩りはいかが?

読み聞かせのすすめ

疑似体験の場

絵本って、疑似体験の場なんですよね。
共感したり、自分以外の感じ方に驚いたり。

冒険だってできちゃう。

絵本の中には、おおきな世界が広がっています。
楽しまなきゃもったいないです。

読みてにもいいことが

よろこんでほしいと思うことで、読んであげる方にもたくさんいいことがありますよ。

今日から、たくさんの絵本を。

子どもは気に入った本をなんども読みたがります。

そうなったら気がすむまで、思う存分読ませてあげてくださいね。

amazonの絵本・児童書サイトへ

図書館で借りたっていい

絵本は予約して、数十冊まとめて借りられます。

まずは、ジャンルを問わずたくさんの絵本を借りて、リビングに置いておいてみてください。

お子さんの意外な興味関心がみつかるかもしれません。

読解力がつきます

国語が得意になりますよ。
中学受験をしたうちの子でも実践済みです。国語が得意だと、どんな教科にもプラスに。

おすすめいちご絵本

いちご (幼児絵本シリーズ)
畑で雪の下にうずもれながら寒い冬をこす、いちご。春あたたかくなると、つぼみをつけて小さな白い花をさかせました。花のあとには、青い小さな実がなりました。でも、この実はまだすっぱい。ほらほら、いちごの実が少しずつ赤くなってきましたよ。そして真っ...

お気に入りの一冊がみつかるといいですね。

読み聞かせで、こころがけたいこと
  • じぶん(読み手)が、その絵本を好きなこと。
  • 絵本が主役。しっかり読んで、伝えよう。

さいごまで読んでいただきありがとうございました。

読み聞かせの際の参考にしていただけたらうれしいです。

小学生新聞もおすすめ

わが家では、3年生くらいから読売KODOMO新聞を読んでいました。

ひと月 550円。

子どもは毎週木曜日を楽しみにしていました。おとなが読んでも楽しいですよ。

ブログランキング参加中↓

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


読み聞かせランキング