知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

絵本『ゆうだち』のご紹介。あらすじ&読み聞かせのおすすめ

プロモーションを含みます

絵本『ゆうだち』のご紹介です。
この絵本は、うちの子が小学校1年生だった時の思い出の一冊。

担任の先生が読んでくれた!と、目の色変えてわたしに教えてくれた絵本なのです。
なんでもクラスで、大盛りあがりしたとか。

どんな本か興味があったので、わたしも読んでみました。
なるほどこれはおもしろい。

今はなかなか手に入りにくい絵本かもしれません。
でも。ご紹介しますね。

スポンサーリンク

ゆうだち

【作・絵】あきびんご

【出版社】偕成社

スポンサーリンク

あらすじ(絵本紹介)

トリニダード・トバゴの民話をもとにしたおはなしです。

南の島に、ゆうだちがやってきました。
ゆうだちがくるとあたりは急にまっくらになり、みえるものも、きこえるものも、すべて雨と雷だけになるのです。

ヤギがゆうだちにあったのは、オオカミの家の前。
親切なオオカミは手招き。
ヤギは喜んでオオカミの家に飛び込みましたが。

オオカミのしゃみせんを聞いてヤギはびっくり。ブルブルふるえだします。
ヤギは耳がいいのです。

「ゆうだちがきたら、おきゃくがむこうからやってくる♪おいしいおきゃくはかえしはしない…♪」

おいしいおきゃくって?

「オ、オオカミさん、わたしにも1曲やらせてくれませんか?」

このあと。
ヤギの変化に、もう大盛りあがり。

激しい夕立。家の中でくりひろげられる、ヤギとオオカミの命がけの歌合戦。

こういう本は盛り上がりますね。
ヤギの表情が見ものですよ。

こういう絵本は長く読みついでいってほしいです。

ゆうだち
激しい夕立にふりこめられた家で、ヤギとオオカミがくりひろげる命がけの歌合戦。トリニダード・トバゴの民話をもとにした絵本。

読み聞かせのコツ・ポイント

おすすめ対象年齢

幼児
小学校低学年(小学1、2年生)
小学校中学年(小学2、3年生)

音読時間目安

7分

おすすめポイント・コツなど

恥ずかしがらずに、この絵本は読み切っちゃってください。
もうヤギの気もちになって。不思議となんだかだんだん、大きな気分になってきますよ。
歌はもう、適当に歌ってしまいます。

絵も、かなりキテます。っていうか最高!
ヤギの表情の変化から目がはなせません。

もうみんなでもりあがっちゃいましょう。

いいことしかない「読み聞かせ」

読み聞かせのすすめ

わが子が、あこがれの中高一貫校に合格できたのも「絵本の読み聞かせ」から、自然と読書好きになれたため。
絵本や本だけは、欲しがったら必ず買ってあげていました。
図書館でも、絵本は予約して借りられます。

今日から、本がだいすきな子に

今日から、たくさんの絵本を。

子どもは気に入った本をなんども読みたがります。
そうなったらしめたもの。
気がすむまで、思う存分読ませてあげてくださいね。

ゆうだち
激しい夕立にふりこめられた家で、ヤギとオオカミがくりひろげる命がけの歌合戦。トリニダード・トバゴの民話をもとにした絵本。

そんなお気に入りの一冊になりますように。

読んでいただきありがとうございました。
参考にしていただけたらうれしいです。

読み聞かせで、こころがけたいこと
  • じぶん(読み手)が、その絵本を好きなこと。
  • 絵本が主役。しっかり読んで、伝えよう。

小学生新聞もおすすめ

小学生だったら、新聞を読む習慣も、もてるといいですね。
一週間に1回だけとどく、読売KODOMO新聞はおすすめですよ。

わが家も3年生くらいから、ずっと読売KODOMO新聞を購読していました。
朝日小学生新聞にも興味があったのですが、サピの課題で毎日はおそらく読みきれなかったと思います。

子どもたちへの読み聞かせブログランキングに参加中↓

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


読み聞かせランキング