知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

絵本「ともだち」あらすじ&読み聞かせのコツ

プロモーションを含みます

講談社
¥1,980 (2024/01/22 17:44時点 | Amazon調べ)

絵本『ともだち』のご紹介です。
小学校で、この絵本の読み聞かせをしてきました。

この記事では、次のことがわかります。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

\ブログ村1位 ありがとう/
スポンサーリンク

ともだち「作者」と「出版社」

【文・絵】太田大八

【出版社】講談社

スポンサーリンク

ともだち「あらすじ」

ぼくは、組(クラス)でいちばん小さい。

組でいちばんののっぽは〇〇くん。
けんかが強いのは○○くん。算数の天才は○○ちゃん。サッカーや図画がとくいな子。笑い上戸な子や、家業の手伝いをしている子もいる。

あれから20年……。
みんな今は、何をしていると思う?

新装版 ともだち (講談社の創作絵本)
大人になったら、なにしてるかな 「いまは小さなぼくたちだけど、20年後は?」 名作絵本を新装版で!

ともだち「読み聞かせのコツ」

対象年齢

中学年・高学年

音読時間

目安:6分

読み聞かせのポイント

昭和っぽい空き地や、商店など。絵や言いまわしもちょっとレトロなステキな絵本です。

ひとりの男の子の目線でえがかれた「ともだち」のすがたが次々に語られるのですが、なんの前ぶれもなく、とつぜん「あれから20年……」。

あれから20年

そして「ともだち」の20年後のすがたが、紹介されていきます。

最後に自分のことを話してくれるのですが、小学校での読み聞かせでは先生をまきこんでいい感じにオチます。

子どものころって、自分がおとなになるなんて想像もつかないけれど、こういう絵本による疑似体験なんて、おもしろいんじゃないかな。

高学年に選書することが多いのですが、中学年くらいからでも楽しんでもらえそうです。

卒業が近い6年生には、読んであげたい絵本はたくさんありますが、この絵本もとてもいいですよ。

注意

「あれから 20年……。」と書かれたセリフが意外と見落としがちです。

本文とはなれたところに書いてあるので。

ここ読み落としてしまうと、なんだか意味の分からないことになってしまうので注意してください。

まとめ「ともだち」

絵本「ともだち」のご紹介でした。

読み聞かせの参考にしてください。

絵本「ともだち」
対象年齢:中学年・高学年
音読時間:6分

読み聞かせでこころがけたいこと

  1. じぶんが好きな絵本をえらぼう
  2. 絵本の内容をしっかり伝えよう
絵本ナビで無料ためしよみ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
読み聞かせランキング