知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)
PR

絵本「かえるをのんだととさん」のあらすじ&読み聞かせのコツ(鬼・節分)

著:日野 十成, イラスト:斎藤 隆夫
¥1,100 (2024/01/05 18:52時点 | Amazon調べ)

絵本『かえるをのんだととさん』のご紹介です。
読み聞かせをすると盛り上がりますよ。

この記事では、次のことがわかります。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

\ブログ村ランキング! ありがとう/
スポンサーリンク

かえるをのんだととさん

  • 【再話】日野十成
  • 【絵】斎藤隆夫
  • 【出版社】福音館書店
スポンサーリンク

かえるをのんだととさん:あらすじ

お腹がいたくなったととさん

かかさんにすすめられて、和尚さんに相談にいきます。

「そりゃあ、腹の中に虫がいるからじゃ」。

和尚さんにいわれたとおり、カエルをペロッとのみこんだととさん。カエルが虫を食べたから、腹痛はおさまった。

でも、こんどはカエルが腹のなかで、ぺたらくたらときもちが悪い。

ととさん、へびをのむといいぞ」。

以後くりかえし。

ラストは節分にちなんで、オニがでてきますよ。楽しい昔話絵本。

Bitly

かえるをのんだととさん:読み聞かせのコツ

対象年齢

幼児・低学年・中学年・高学年

音読時間目安

7分

読み聞かせのポイント

楽しく盛りあがりたい時は、この絵本がおすすめ。

節分の季節にしか読めないのは、もったいないくらいの絵本です。行事をもりあげる意味でも、年が明けたら選書候補にあげてもよいのでは?

いきなり、カエルをのむって、子どもたちはまずびっくり。でも次から次へと続くのだよ、この展開が。

ユニークな絵と、くり返しの妙

こんどはカエルが気持ちが悪いなら「ヘビをのむといい」って。

和尚さん、短絡的。

しばらくこの展開が続いて、笑いがたえません。飽きないですよね、こういう絵本は。盛りあがります。

心配しているんだか、なんだかよくわからないかかさも、いい味だしてます。

最後は和尚さんの活躍で、めでたしめでたし。

ラストは、かかさんとふたりなかよく。何事もなかったごようすでおしまいです。

どの学年でも楽しめますよ

でも、高学年以上になると、猟師のゆくえが気になるようですね。いや私も気になる。

よく似た絵本

この本とよく似たストーリーで「だんだんのみ」という絵本もあります。こちらは持ち運びにも便利な小さめ絵本。版画の絵もはっきりと見やすくこちらもおすすめです。

まとめ

絵本「かえるをのんだととさん」のご紹介でした。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

読み聞かせでこころがけたいこと

  1. じぶんが好きな絵本をえらぼう
  2. 絵本の内容をしっかり伝えよう
絵本ナビで無料ためしよみ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
読み聞かせランキング
タイトルとURLをコピーしました