知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)

絵本「だんだんのみ」のあらすじ&読み聞かせのコツ(鬼・節分)

プロモーションを含みます

だんだんのみ (てのひらむかしばなし)
だんだんのみ (てのひらむかしばなし)

絵本『だんだんのみ』のご紹介です。
小学校で読み聞かせをしたら、かなり盛り上がりました。

この記事では、次のことがわかります。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

\ブログ村1位 ありがとう/
スポンサーリンク

だんだんのみ

  • 【文】長谷川摂子
  • 【絵】福知伸夫
  • 【出版社】岩波書店
スポンサーリンク

だんだんのみ:あらすじ

なかのよいととさかかさ

あるひ、ととさは急に腹がいたくなり、お寺の和尚さんに相談にいった。

「そりゃ はらのなかに むしがいる せいだ。ひとつ かえるを のまっしゃい」

ととさ、かえるをつるっとのみこんだ。

かえるが、腹の虫を食べたので、腹がいたいのはなおったが。
こんどはかえるが、腹のなかでぺったぺったととびまわって、きもちが悪くてしかたがない。

さて和尚さん。
お次はどうしましょう。

最後にオニがでてくる楽しい昔話絵本です。

もちはこびに便利な「てのひらむかしばなし」絵本。

だんだんのみ:読み聞かせのコツ

対象年齢

幼児・低学年・中学年・高学年

音読時間目安

5分半

読み聞かせのポイント

すてきな版画の小さめ絵本です。

小さい本ですが、絵がはっきりしているので、手に持っての読み聞かせでも十分対応できます。

「カエルをつるっとのみこんだ」って、子どもたちはまずびっくり。
そしてこの展開は次から次へと。

みんな大よろこび。
楽しい読み聞かせになりますよ。

最後は、節分にちなんでオニがでてきます。
豆まきの威力ってすごいのね。

節分時期におすすめです。
年がけたら選書候補にぜひどうぞ。

ストーリーの似た絵本

昔話なので、似たお話の絵本もあります。

「かえるをのんだととさん」は有名ですね。教室などひろい場所での読み聞かせには良いかもしれません。

てのひらむかしばなし

「だんだんのみ」は、てのひらむかしばなしというシリーズ絵本の中の一冊です。

小さくて、持ち運びにもとても便利。

小さいお子さんにもわかりやすい内容です。アンパンマンやトーマスもいいけど、こういう小さめ昔話絵本はいかがでしょうか。

だんだんのみ (てのひらむかしばなし)
だんだんのみ (てのひらむかしばなし)

まとめ

絵本「だんだんのみ」のご紹介でした。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

読み聞かせでこころがけたいこと

  1. じぶんが好きな絵本をえらぼう
  2. 絵本の内容をしっかり伝えよう
絵本ナビで無料ためしよみ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
読み聞かせランキング