知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)
PR

絵本『たんぽぽ』のご紹介。あらすじ・読み聞かせのコツとおすすめ【春】

絵本『たんぽぽ』のご紹介です。

春の訪れを前に、たんぽぽについてちょっと学んでみませんか?
たんぽぽの生態が、よくわかりますよ。

¥1,100 (2024/04/14 19:52時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

たんぽぽ

【ぶん/え】平山和子

【監修】北村四郎

【出版社】福音館書店

スポンサーリンク

あらすじ(絵本紹介)

青い空とたんぽぽの花と綿毛が、とてもきれい。

この絵本には、たんぽぽの一生が描かれています。
たんぽぽの生命力の強さには驚かされます。
たんぽぽの根っこが、こんなに太くて長いのにはびっくり。

この本を読めば、りっぱな「たんぽぽ博士」。

裏表紙の、綿毛を飛ばす女の子の絵もすてきです。
どこか懐かしい気もちになる絵本。

¥1,100 (2024/04/14 19:52時点 | Amazon調べ)

読み聞かせのコツ・ポイント

音読時間

音読2分

対象年齢

幼児、低学年

読み聞かせポイント

たんぽぽを しっていますか。の、問いかけから。

そして、どんなところで みましたか。とたたみかけるように。
確かに、たんぽぽの花って、たしかにびっくりするような場所に咲いていたりしますよね。

よーく思い出せるように、ゆっくり読んであげてくださいね。

絵本ではこのあと、冬のすがた(ロゼット)や、地面の中の根っこのようす、その根っこの強さなどがわかりやすい挿絵とともに描かれます。

咲いた花はとじたり、さいたり。

その花だと思っていたところは、実はちいさな花のあつまりだったり。

おどろきの連続。

花がおわると。
そのちいさな花のひとつひとつが、どうやって実になってそだっていくのかもよくわかります。

綿毛が、風にのってとおくにとばされていく姿にはちょっと感動。
植物ってすごい。

たんぽぽをさがしてみたくなります。
お子さんといっしょにびっくりしながら絵本を楽しんでくださいね。

平山和子さん

だいすきな作家さん。「くだもの」「いちご」「やさい」などはとくにおすすめ。

落ち着いて絵本が楽しめます。

読み聞かせでこころがけたいこと

  1. じぶんが好きな絵本をえらぼう
  2. 絵本の内容をしっかり伝えよう
絵本ナビで無料ためしよみ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
読み聞かせランキング
タイトルとURLをコピーしました