知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)
PR

この世でいちばんすばらしい馬(絵本)読み聞かせのコツ&感想レビュー

絵本「この世でいちばんすばらしい馬」のご紹介です。
この絵本を、小学校で読み聞かせしてきました。

小学生高学年におすすめです。
絵に迫力があります。ぜひ読んでみてくださいね。

著:チェン ジャンホン, 翻訳:敦, 平岡

\ ↑「無料」で試し読み ができるかも/

この記事では、次のことがわかります。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

\いつもありがとう/
スポンサーリンク

絵本紹介

  • 【作・絵】チェン・ジャンホン
  • 【約】平岡敦
  • 【出版社】徳間書店

あらすじ

絵をかくのがだいすきだった貧しい少年ハン・ガン。
有名な画家に才能をみとめられ、そののち宮廷の絵師にまでのぼりつめます。

馬が好きなハン・ガン。

ハン・ガンの描く馬は、生き生きとしていまにも動き出しそうです。

そしてその馬は、どれもひもでつながれていました。

「いつか命がやどって、絵から抜け出すかもしれないからね。」

イメージ

やがて。
ふしぎなうわさがながれはじめます。

そんなある日、ハンガンのものにひとりの武将が訪ねてきます。

「この世でいちばん力の強い馬を描いてはくれないか。」

絵から抜け出した馬は、なみの強さではありませんでした。

すばらしい絵とストーリー。

馬の表情、悲しみ。
ラストもいいです。

絵に圧倒。

音読時間

音読約9分。

対象年齢

(読み聞かせにむく年齢)

小学校高学年。

読み聞かせポイント・口コミ

今回は、5年生に読み聞かせをしてきました。
持ち時間が10分なので、ご挨拶もそこそこに。

この絵本を読んだのは、今回がはじめて。

以前、同じ作者の「ウェン王子とトラ」を読み、気になっていたところ、図書館司書の方のおすすめもあり、思い切って選書してみました。

遠目もきくので、教室の読み聞かせにもぴったりです。

ただ、1ヶ所だけ、すこし残酷な描写がありますが、このまま読みました。
馬にのって戦うシーンです。

作者のおもいを大切にしました。

注意点

横に長く、とても大きな絵本なので、遠くの文字が見えにくいです。
あらかじめ覚えておくなど、練習しておいてくださいね。

それから大きな本を読んでいると、どうしても自分の身体がじゃまになって見えにくくなります。
前列の端にすわる子たちへの配慮も忘れずに。

ときおり、ぐるりと見せてあげるとよいかもしれません。

実在の人物

ハン・ガンは1200年以上前に実在した画家。

そしてこの絵本の絵は、ハン・ガンと同じ手法で絹地に描かれています。

ほんとうに絵がすばらしいです。

この世でいちばんすばらしい馬

いちどは手にとってみてください。

おわりに

さいごまで読んでいただきありがとうございました。

読み聞かせの前の参考にしていただけたらうれしいです。

読み聞かせでこころがけたいこと

「じぶんが好きな絵本をえらぼう」

「絵本の内容をしっかり伝えよう」

気になる絵本を見つけたら図書館へ。

全ページ1回だけ「無料」で試し読み をすることができる絵本ナビも便利です。
うまく利用くださいね。

それでは。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
読み聞かせランキング
エイコ

東京在住ブロガー。
息子がサピックス「SAPIX」で難関中合格。
「知育」や「絵本の読み聞かせ」のコツをお届けします。
秘書検定準1級。海外25ヵ国。

エイコをフォローする
絵本