知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)
PR

絵本「まんまるおつきさまをおいかけて」あらすじ&読み聞かせのコツ

絵本『まんまるおつきさまをおいかけて』のご紹介です。

ぜひ読んでみてくださいね。

この記事では次のことがわかります。

  • 「まんまる おつきさまを おいかけて」あらすじ
  • 「まんまる おつきさまを おいかけて」読み聞かせのコツ
スポンサーリンク

まんまる おつきさまを おいかけて

  • 作・絵:ケビン・ヘンクス
  • 訳:小池昌代
  • 出版社:福音館書店
スポンサーリンク

「まんまる おつきさまを おいかけて」あらすじ

子猫が、空を見上げて、まんまるのおつきさまをみています。あれは「ミルクの入った丸いお皿」?

「のみたいなあ」。

おいかけるけど、なかなかとどかない。

へんだなあ こんなはずじゃあ なかったのに

こんどこそ。

ふしぎだなあ こんやは いったい どうなってるの

もう、子猫はへとへと。

おうちにかえったら、なにかいいことが待っているかもよ。

「まんまる おつきさまを おいかけて」読み聞かせのコツ

音読時間

音読時間目安:4分

絵本の特徴

正方形の大型の絵本。線がはっきりしていて、とにかく遠目のきく絵本です。教室など広い場所の読み聞かせにも使えます。

モノトーンでえがかれる月あかりの世界が印象的。夜にうごくってこんな感じなのかしら。よけいな色がない分、想像力がかきたてられます。

おつきさまをつかまえようとするけれど失敗。あれ!?でもまたあそこにおつきさま!?そんなくりかえしが楽しく、飽きさせません。

さいごは裏表紙をゆっくりと見せてあげて、そこに書かれているメッセージを読んであげてくださいね。みんな今夜のおつきさまを見上げてくれるはずですよ。

選書した理由

今週は月に大注目。「月食」と「天王星食」が同時におこるめずらしい天体ショー(2022.11.8)がありました。

お月さまの絵本を選書。

ねこがかわいい!

まんまるのおつきさまに照らされた、子猫の冒険。えものをおうような姿勢や、びっくりまなこもたまりません。

最後のページにはみんなにっこり。ホッとしあわせなきもちになったところで、このお話はおしまいです。

まとめ

絵本「まんまるおつきさまをおいかけて」あらすじ&読み聞かせのコツをお届けしました。

  • 「まんまる おつきさまを おいかけて」あらすじ
  • 「まんまる おつきさまを おいかけて」読み聞かせのコツ

読み聞かせを楽しんでくださいね!

読み聞かせを成功させるポイント

  • 読み手がその絵本を好きなこと
  • 絵本が主役。しっかり伝えよう

それでは。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました