知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)
PR

絵本「どうぞのいす」のあらすじ&読み聞かせのコツ

¥1,100 (2023/09/19 09:56時点 | Amazon調べ)

絵本「どうぞのいす」のあらすじ&読み聞かせのコツです。

小学校で、この絵本の読み聞かせをしてきました。

この記事では、次のことがわかります。

・作者・出版社
・あらすじ
・音読時間・対象年齢
・読み聞かせのコツ
・こころがけたいこと

\ブログ村ランキング! ありがとう/
スポンサーリンク

とうぞのいす「作者」と「出版社」

文:香山美子

絵:柿本幸造

出版社:ひさかたチャイルド

スポンサーリンク

どうぞのいす「あらすじ」

うさぎさんが、木の小さないすをつくりました。
うさぎさんが作ったしるしに短いしっぽをつけて。

そのいすのとなりには、「どうぞのいす」とかいたかんばんも立てました。

そこへある日

とおりかかったろばさん。
つかれていたろばさんは どんぐりでいっぱいのかごをいすの上において、おひるねを、はじめてしまいました。

通りかかるどうぶつたち

「どうぞ」ならば。
えんりょなくいただきましょう。

でも からっぽに してしまっては あとの ひとに おきのどく。
以後くりかえし。

あらびっくり

ろばさんが目をさましたら、きっとびっくり。
かごの中にあったどんぐりは、どうなっちゃってると思いますか?

¥1,100 (2023/09/19 09:56時点 | Amazon調べ)

どうぞのいす「小学校で読み聞かせボランティア」

場所

小学校、低学年の教室。

選書理由

秋なので「どんぐり」。

本日のふりかえり

まず、こちらの導入絵本を読んでからスタートしました。

「きんぎょがにげた」で、お互いリラックスできたところで「どうぞのいす」へ。

「どうぞのいす」は、「読んだことある!」「しってる!」という声があがる人気の絵本です。

低学年への読み聞かせ

1年生くらいだと、絵本を読みはじめてもたくさん話しかけてくれることがあります。かわいいですよね。

でも、にっこりだけしてすぐ絵本に戻りましょう。できるだけお話をすすめていけるように。

それからどうなるの?って、わくわくしている子たちの思いも大切に。

もちろん絵本にはいろいろな楽しみ方があってよいけれど、絵本は疑似体験の場。やはりお話に入り込んでもらえたら、読み手としてはうれしいなぁと思うのです。

読み聞かせのコツ

音読目安時間

4分半

対象年齢

幼児、低学年。

ポイント

最初にくまさんがきて、どんぐりを全部食べちゃうところがあります。

ここは、どうぞの椅子に置いてあるのものを、はじめてどうぶつがきて食べちゃうインパクトのあるところ。
くまさんの絵もダイナミック。

「えー、ぜんぶ食べちゃった(ひどい!)」と、子どもたちの反応も上々。

お話が展開していくところです。

ここはゆっくりと読んであげてくださいね。

このあとくまさんは、ただ「ごちそうさま。」だけで行ってしまうのではなく、あとからくる動物のことを考えてあげるんですよ。

自分のもっていた食べ物をかわりに置いて。

優しさの連鎖

負の連鎖ならぬ、優しさの連鎖。

自分がうれしい思いをしたら、次のひとにもつなげたい気持ち。

自然と「どうぞ。」と言える子になれそうです。

これは大人にも必要なことかもしれません。

オチ

それにしても。
どんぐりが「栗」になってしいたら、そりゃろばさんはびっくりですよね。

どんぐりって くりのあかちゃんだったかしら?

本文より

まさか!
ほんとうにかわいい絵本です。

ひさかたチャイルド
¥1,100 (2023/09/19 09:56時点 | Amazon調べ)

 

どうぞのいす「まとめ」

小学校などでの読み聞かせの参考にしてください。

絵本「どうぞのいす」

対象年齢:幼児、低学年
音読時間:4分半

楽しんで下さいね。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました