知育&お役立ち(サピックスで難関中合格)
PR

リュウジのバズレシピ【至高のとり天】の作り方

高タンパク低カロリーの代表「鶏のむね肉」。
シンプルだけど、サクサクおいしい「とり天」です。

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ【至高のとり天】の作り方

リュウジのバズレシピ【至高のとり天】の作り方です。

まずは、鶏むね肉(350g)を1.5cm幅に垂直切りしておきます。

つけこみ

以下をもみこみ、20分待ちます。

  • 白だし(大1)
  • 酒(大1)
  • にんにく(一片・すりおろし5g)
  • 生姜(すりおろし5g)

油の準備

小さめフライパンに、油を1cm。
中火にかける。

火をつけたら、以下を手早くまぜる。

  • 薄力粉(大3)
  • 片栗粉(大2)
  • 塩小さじ(1/4)
  • 炭酸水(大4)

たっぷりつけて、フライパンへ投入。

 

片面、色づいたら裏返し

色づいたらひっくりかえして、できあがり。

立てておくと油が切れます。

 

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ【至高のとり天】感想・レビュー

サクサクなうえに、しょうがとにんにくのふわっとした香り。
肉は、ふんわりやわらかジューシー。

とり天というよりは「和風とり肉のフリット」です。
サクッとしたころもの秘訣はふたつ。

  • 薄力粉に、片栗粉の合わせ技
  • 炭酸水

作り手(わたし)

炭酸水の気泡効果で、めっちゃサクサク。
ほんとにわたしが作ったの?というくらい。

20分もみこまなくても美味しかったです。

炭酸水は、あまったビールで代用可(エイコ調べ)。

リュウジさんは、2回にわけてましたが、面倒なので強引に1回で。
28cmフライパンならぎりぎりいけます。

 

「塩レモン」か「天つゆ」

何もつけなくてもじゅうぶんおいしいですが、味変もあり。

  • 塩レモン
  • 天つゆ(白だし1:お湯3)

白だしはヤマキ基準。ミツカンは、塩分が濃いので少し減らすと良いそうです。
知らなかった。

 

食べ手(中学生男児)

  • サクサクしてる。すっごくおいしい
  • 香りがいい。「しょうがとにんにく」なの?

リュウジ式至高のレシピ。

第二弾。

 

わが家のフライパンは、イタリア製のバッリラー二。

28cmのいいところ。

  • パスタ折らなくてOK。
  • フレンチトースト2枚いける
  • とり天1回でいける

 

公式:リュウジのバズレシピ

YouTube

公式サイトからの引用:【材料・作り方】

【至高のとり天】

鶏むね肉350g
白だし大さじ1
酒大さじ1
にんにく一片(5gほど使います)
生姜5g
薄力粉大さじ3
片栗粉大さじ2
塩小さじ1/4
炭酸水大さじ4
揚げ油 適量
塩、レモンで
白だし薄めたつゆでどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーー

バスレシピ.com より引用

オフィシャルサイト

料理研究家リュウジのバズレシピ.com

タイトルとURLをコピーしました